牡蠣にあたりました

牡蠣にあたりました。

今の時期、インフルエンザが猛威を振るっているので、こまめにうがいをしたり、トイレのエアータオルもなるべく使わずにいました。

(ブオーッと風が舞い上がると同時に、ウイルスも舞い上がって口に入るからインフルエンザにかかりやすくなるみたいです)

なんなら、エアータオル(そもそもこの名称で合ってる!?ウォシュレットみたいに「実はどこかの商標登録でしたー!」とか、宅急便みたいにヤマトが商標登録持ってて、本当は「宅配便」って言わなきゃいけないとかないよね?)をどうしても使いたいときは、風が出てるときは息を止めていました。

いや、なんなら逆に鼻から少しずつ出していました。そうしないと舞い上がったウイルスが無防備な鼻の穴に付着すると思ったから。

そこまでしてインフルを警戒していたのに、まさかの食あたり。

チックショー!(紅白に落選したいつかのaikoか。)

 

ただ、今回の牡蠣はそこまでひどくはありませんでした。(過去に何度かやってるし)

かわいいもんよ。一日で治ったし。

 

とは言え、苦しかった当日は病院に行きました。インフルの可能性もZEROではないから。

そこで先生から言われたことは、「牡蠣って潜伏期間があるんです。」

なにっ!?牡蠣にも潜伏期間があるとな!?その潜伏期間は50~70時間とのこと。指摘通り、数日前にカキフライを食していたことをそこで思い出したのです。

処方せんで整腸剤を出してもらいましたが、未だに薬局で引き換えていません。(くじ引きのあたり券か)

もう治ったのでこのままでいいかなーと思っています。

 

なお、インフルエンザウイルスは喉に滞在するとそこから感染するので、15分に一回くらい飲み物をのんで胃の中に流し込めば、胃酸でいい感じに溶けて無くなって感染しないようですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください