ラーメンカフェde iinoに行ってきました

こんにちは、あっきー(@hitokara_akkie)です。

世田谷区に引っ越したことを機に、気になっていたラーメン店に行ってきました。

 

面白い店名

その名は、RAMEN CAFE de IINO(ラーメンカフェ デイイノ)

いいの・・?

実は店長の名前が飯野さんだそうです。

 

場所は、世田谷区の上用賀。(馬事公苑)

私は用賀駅から歩いていきましたが、20分以上かかりました。

徒歩なら、小田急線千歳船橋からの方が数分近いと思います。

バスなら農大前で降りてすぐ。

 

ファミレスのロイヤルホストの奥に、団地の入り口があります。

ここがお店の入り口。

(個人的にかなり好きなロゴです。)

 

入り口の券売機で食券を購入して入店します。
(券売機の画像撮り忘れました・・・)

 

「あっさり」「こい」「つけ」の3種類あります。

今回は歩いて疲れていたので、ガツンと食べたくて「こい IINO」(¥830)を購入。

そこに、野菜増し(¥100)と鶏チャーシュー2枚(¥200)をトッピング。

ちなみに、こちらは席置きのメニューの一部。

 

店内がおしゃれ

店内はかなりカフェ風

いや、カフェ。

椅子とかテーブルとか、ラーメン店を感じさせないので、女性一人でも全然問題なく入れると思います。

15時から17時はカフェタイムになり、コーヒーやスイーツが提供されます。

この日は土曜の午後とあってか、家族連れが2組いました。

しかも、ペット同伴席もあります(小型犬OK)

地域密着型ですね。

 

5種類の煮干しをブレンドした、しっかり深いラーメン

ほどなくしてラーメンが出てきました。

すり鉢状の器です。

この黒いのは・・・・。塩昆布でしょうか?斬新。

(マシ野菜は別で出てきます)

 

まずはスープを一口。

トロっとしていて、かなり煮干しが効いていておいしいです。

鶏チャーシューは初めて食べましたが、コショウが効いていてこちらもうまい。

別で出てきた野菜を自分でトッピングして食べ進めますが、この「こい IINO」には野菜が良く絡みます。

(個人的には野菜があったほうが良いと思います。)

 

ちなみに、糖質が気になる人はプラス100円で低糖質麺に変更できます。

 

まとめ

「あ、ラーメン食べたいな。」

と思ったときに、気兼ねすることなくふらっと立ち寄れる、地域密着型のおしゃれなカフェラーメン店でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください