【喉を使う人におすすめ!!】喉の痛みを和らげるツボ3つ

 

こんにちは、あっきー(@hitokara_akkie)です。

  • カラオケで歌いすぎて喉が痛い・・・
  • 風邪を引いて喉が痛い・・・
  • なんとか今すぐのどの痛みを取りたい!

 

のどの痛みってつらいですよね・・・

 

ジンジンして、ずっと体にストレスが付きまといます。気分も暗くなってしまいますよね。。。

自分もうたを歌うので、傷めてしまったときの辛さはよくわかります。

こんなとき、痛みを和らげてくれるツボがあります。

私も10年以上実践している方法なので本当におすすめですよ!!

ぜひ試してみてくださいね!

個人的にお勧めするもので、効果を保証するものではないのでその点ご承知おきください!

ツボって本当に効くの??

まず、ツボって体中に何百(何千??)とあって、本当にそれって効くの!?なんて思いますよね?

私も以前はあまり信用していませんでした。

しかし、以前通っていた音楽学校の先生から「ここを押すと痛みが和らぐよ!」と教えられ、さっそく実践したところ本当に痛みが軽減したのです!

それからは、風邪を引いたりしゃべりすぎたりして喉を傷めた時に、絶対に実践するようになりました。

 

痛みが出た後だけではなく、「あ、ヤバイ・・・これは喉が痛くなる前兆だな・・・」と予感がした時に実践することで、予防にもなることが経験上分かっています。

今回はおすすめ順に3つ紹介します。

 

喉のツボおすすめ №1「天突(てんとつ)」

なんだか天に突き抜けそうな縁起の良さそうな名前ですね(笑)

おすすめ№1にしたのは、手軽で私にとって一番効果が高いからです!

天突(てんとつ)の場所はこちら。

 

左右の鎖骨の間のくぼんだ所です。

 

ここを、人差し指でゆっくーり押してみてください。

そうすると、指が中まで沈んでいく感覚があると思います。

少し喉に圧迫感が出てきたらそこでストップして数秒置き、指を戻します。

調子に乗って指をぐっと入れると120%せき込むので、ゆっくりと、そして痛みを感じないくらいの深さまでにしておきましょう。

この動作を数回(私は3回から5回くらい)繰り返してみてください。

瞬時に喉の痛みがなくなるわけではないですが、数分くらい経ってから、「あれ?さっきよりも痛くないかも!?」って感じることができると思います。

 

喉のツボおすすめ №2「合谷(ごうこく)」

ずいぶん昔、工藤静香の楽曲でありましたよね・・・慟哭って・・・。(似てません?)

合谷(ごうこく)の場所はこちら。

親指と人差し指の骨が交わる少し手前の柔らかいところです。

 

ここを、反対側の人差し指と親指でゆっくりつまんでみてください。

結構痛いと思います。

この動作を数回(私の場合は3~5回)繰り返してみてください。

この合谷も、瞬時に喉の痛みがなくなるわけではないですが、数分くらい経ってから、「あれ?さっきよりも痛くないかも!?」って感じることができると思います。

 

喉のツボおすすめ №3「中指の下のツボ」

すみません、名前が分かりません。汗

とにかく、中指の下にあるツボです。場所はこちら。

中指の下の方に、骨から肉に変わる柔らかい部分があると思います。

 

ここを、反対側の親指でグッと押し続けてみてください。

この動作を数回(私の場合は3~5回)繰り返してみてください。

この中指の下のツボも、瞬時に喉の痛みがなくなるわけではないですが、数分くらい経ってから、「あれ?さっきよりも痛くないかも!?」って感じることができると思います。

 

まとめ

喉を治すには、栄養を取ってゆっくり休む(喉を使わない)ことが必要です。

喉って、音楽を聴いている時に無意識で動いてしまうことがあるそうなので、なるべくテレビや音楽を聴かない方が良いと思います。

その上で、今回のツボ押しを実践すると鬼に金棒ですよ!!

ぜひ試してみてくださいね!!

 

カラオケで何曲でも歌えちゃう!?喉が枯れやすい人へおすすめのスプレー

2019年3月28日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください