【検証!】精密採点DX-Gで、雑音防止のために全体ボリュームを下げると、高得点が出るのか!?

 

こんにちは、あっきー(@hitokara_akkie)です。

精密採点DX-Gの採点基準である「音程」について、

カラオケのボリュームを大きくしすぎると、マイクに雑音が入って点数が下がる!

という、なんとも気になるウワサを耳にしました!

それって本当!?

 

気になったので検証してみました!!

今回はビッグエコーへ行き、2パターンの歌い方で「点数」を比較してみました。

歌ったパターン

・ボリュームを30%くらいに落として歌った

いつものボリュームで歌った

 

なお、今回はいわゆる主音量(カラオケもマイクも両方)を調整しました。

 

カラオケのボリュームは点数に関係なさそう!

まず、ボリュームをいつもの30%程度(家で音楽を流すくらいのボリューム)で歌ってみました。

 

結果はこちら!!

 

30%のボリューム

総合得点:97.871点(素点:96.497点、ビブラートボーナス:1.374点)

 

音程正確率:89点、抑揚:67点

うん、まずまず。。

 

次に、いつものボリューム(これぞカラオケボックス!!「ウェーイ!」くらいのボリューム)で歌ってみました。

 

結果はこちら!!

 

いつもの「ウェーイ!」的ボリューム

総合得点:99.229点(素点:97.815点、ビブラートボーナス:1.414点)

 

音程正確率:89点、抑揚:72点

 

 

というわけで、意外な結果となりました。

 

結果

30%のボリューム:97.871

いつものボリューム:99.229

総合得点はいつものボリュームの勝ち!!

 

噂とは全く逆の結果になりましたね・・・・。

 

まとめ

今回、音程正確率はどちらも89点で同じ。
(よく言えば、私の歌唱技術は安定。悪く言うと、90点に乗せることのできない音程の悪さ・・・)

しかし、抑揚は67点と72点と5点の差が出てしまいました・・・。

抑揚が高い普通のボリュームで歌った方が点数が高くなるのは当たり前ですね。

なので、

結論:カラオケのボリュームは点数に関係ないと思います。

【検証!】精密採点DX-Gで、フォールを使いまくると高得点が出るのか!?

2019年4月6日

【判明!!】DAM精密採点DX-Gの抑揚を上げるたった1つのコツ(抑揚58点→87点へアップした実録)

2019年3月6日

【検証!】精密採点DX-Gで、裏加点要素の倍音狙いで鼻に響かせて歌うと、高得点が出るのか!?

2019年3月7日

【検証!】ハナミズキを母音(あいうえお)だけで歌うと、高得点が出るのか!?

2019年3月7日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください