【検証!】精密採点DX-Gで、フォールを使いまくると高得点が出るのか!?

 

こんにちは、あっきー(@hitokara_akkie)です。

精密採点DX-Gにおける表現力に関わるフォールについて検証してみたいと思います。

フォールとは、ミスチルの桜井さんをマネする方がよくやるテクニックの1つですね。

フレーズの最後の音程をギュン!と下げるあの歌い方です。

(個人的にはミラクルひかるさんの、工藤静香のものまねでしつこく使うフォールが大好きです)

 

採点結果画面の「表現力」の項目には、抑揚・しゃくり・こぶし・フォール の4つの要素があります。

この中で一番重要なのは抑揚に間違いないのですが、、、フォールってどのくらい点数に影響するのでしょうか?

では検証してみます!

 

不自然にフォールを使いまくってみた

今回はMr.childrenの「手紙」で検証します。

まずは普通に歌ってみました。

総合得点:91.644(素点:90.460点、表現力ボーナス:1.184点)

まぁ、こんなところでしょうか。。

ちなみにフォールは0回でした。

 

余談ですけど、ミスチルの曲って本当に点数が出ません。

曲が難しいのもそうですが、ミスチル好き(私も含めて)は世界観を重視するので、機械に好かれるような歌い方を意図的に避けているはず・・・。だから点数が出ない。(と思いたいよね!)

 

では、次は必要以上にフォールを連発してみます。

  • 「そこでフォールする!?」
  • 「不自然すぎるでしょ!!」
  • 「ひっこめコノヤロー!」

 

と、ステージ上で歌おうものならブーイングの嵐をうけまくるであろう、絶対に自分なら聴きたくない感じで歌いました。。

 

その結果はこちら!

総合得点:82.305(素点:82.184、ビブラートボーナス0.121点)

 

低っ!!!

 

低すぎて目玉飛び出そうでした。

フォールは12回も使いました。

 

点数が落ちまくった原因を探る

点数が低くなった原因は2つ。

 

原因その1:音程正確率が80%から75%に下がった

その理由は明らかで、フォールを使うと音程バーの最後のほうで音程がギュイーン!と下がるため、「音程が正確ではない」と判断されたと考えられます。

機械はきっと、

「あんた、、始めは音程エエけど最後おかしない?なんでそんな下げるん!?」

と思ったはず。

私が歌の審査員でもこう思う。

 

こんなこと言われたら、「ですよねー」ぐらいしか言い返せませんね。

 

原因その2:表現力が85から71に下がったこと。

しゃくりとこぶしの回数は、ほぼ変化なし。

フォールは0回から12回に増加しています。

 

その結果、抑揚下がってます。

この結果から、フォールは加点対象にないと思われます。

 

また、注目すべきはビブラートの回数と秒数

37回(26秒)から8回(4秒)に激減しています。

 

そりゃそうですね、フォールを使うとフレーズの最後をしっかりとビブラートで終わらせることができませんよね。。

ダメ押しで、安定性も少し下がっていますね。。

 

まとめ

  • フォールを使いまくると、目玉が飛び出るほど点数が下がる
  • フォールは加点対象ではなさそうである
  • 表現力を上げるには、抑揚とビブラートが重要

 

ぜひ皆さんもフォールを使いまくって、点数を下げてみてくださいね!(いじわるか)

 

【検証!】精密採点DX-Gで、雑音防止のために全体ボリュームを下げると、高得点が出るのか!?

2019年3月10日

【検証!】精密採点DX-Gで、裏加点要素の倍音狙いで鼻に響かせて歌うと、高得点が出るのか!?

2019年3月7日

【検証!】ハナミズキを母音(あいうえお)だけで歌うと、高得点が出るのか!?

2019年3月7日

【判明!!】DAM精密採点DX-Gの抑揚を上げるたった1つのコツ(抑揚58点→87点へアップした実録)

2019年3月6日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください